とろろ豆腐百珍

朧夜や誰れを主と言問はむ

堕落論(坂口安吾)

「坂口安吾の文は悪文です。ただしただ美しいだけの美文と違って安吾にしか書きえない悪文です」 坂口安吾の「日本文化私観」を扱うときに高校の先生がそう言った。自称アマチュア最強の元キックボクサーで「教科書に載っている小説なんてクソです」が口癖だ…

世界に一つだけのあらすじ

ぷらっと入った本屋で何気なく本を選ぶとき、みなさんは何を基準に手に取る一冊を選ぶだろうか。お気に入りの作者の名前? きれいな装丁? 値段? どこに目を付けるかは人それぞれだが、こと文庫本の場合多くの人は棚から抜き出した一冊を手の上でひっくり返…

晩翠詩抄(土井晩翠)

甲子園と応援歌と - とろろ豆腐百珍(前回の記事) この前ちょっと調べた寮歌について。その「大志を抱け」的(魁!!男塾的)漢語の多くが当時(明治後期~大正時代)流行していた土井晩翠の詩からパク・・・本歌取りしたものだと知り、その時代の若者がど…

スタンド・バイ・ミー(スティーヴン・キング)

『スタンド・バイ・ミー』は郷愁の物語だ。物語の語り手は作家になった仲間の一人であり、冒険をともにした四人の友情は少年時代とともに終わりを告げ、バラバラになった彼らのうち三人は悲劇的な最期を遂げる。特に主人公であるゴードンから離れていったバ…

清兵衛と瓢箪・網走まで(志賀直哉)

学校の教科書だったか入試の過去問だったか忘れてしまったが、『清兵衛と瓢箪』を初めて読んだのは中学生のときだった。少年の趣味を潰してしまう周囲の大人たちへの反感が反抗期の心を掴んだのかもしれないが、何より気に入ったのが黙々と細かな手入れに打…